CLUB

TEAM CONCEPT

世界で通用する
プレイングワーカーを育てるチームになる。
プレイングワーカーは競技でも一流、
社会でも一流であれ。

CLUB VALUE

スパイクを脱いでも、自分らしく生きていく

単なるトップリーグを目指すサッカーチームではなく、社会人として価値提供できるヒトを育てたいというのがチームの考えであり、
「社会でも一流、競技でも一流」というのは、スパイクを抜いでも、
自分らしく生きていけるために考えたコンセプトです。 サッカー選手だから、サッカーしかできないのではなく、アスリートであっても、1人の社会人として、 社会で活躍・貢献できる人材輩出を目指してます。 私たちは、現在、自分が進みたい分野で活躍できるため、オンザピッチ・オフザピッチ両面での活動に、
本気で取り組んでます。 サッカーを続けたい女子選手が、『FCふじざくら山梨に入団できると社会人としても成長できる』、
子どもにサッカーをさせる親御さんが『サッカー選手としても、社会人として、そして人間としても成長させるために、
このクラブの取組み、考え方を多くの人に知ってもらうために、私たちはトップリーグを目指します。 そして、クラブの土台となるこのコンセプトを大事にして、この山梨県で100年と続くクラブ創りを目指します。 100年続くクラブになるには地域の皆さんのご理解・ご支援がないと、成し遂げることはできません。 そのため、地域の皆さんが応援したくなるクラブ・選手となることを大事にします。 そして、皆さんと共創していくクラブを目指して参ります。

女子サッカー界の構図と私たちが目指すところ 山梨県で初のなでしこクラブ、そして、
初のプロリーグ入りを

わたしたちは山梨県で初めてのなでしこリーグ参戦、そして、その先にある「WEリーグ(プロリーグ)」参入を目指してます。 そこに向けてチーム作りを進めていく中で、単に強いチームを創ることが目的ではなく、 「競技でも一流、社会でも一流」というコンセプトを実現しながらトップリーグ入りを果たしたい。 なぜならば、このコンセプトを体現してトップリーグ入りを果たすことにより、 「女子サッカー界を1つ上のフェーズに引き上げる・女性の社会進出のシンボルに なる・女子スポーツ界を前進させる」ことができると信じているからです。 私たちの活躍・活動によって社会で輝く女性が増え、 女性が輝く社会の実現の一端を担えると信じて、トップリーグ入りを目指します。

女子サッカー界の構図と私たちが目指すところ

MISSION

・社会でも一流、アスリートとしても一流を目指す

・女子サッカーのスタンダードを変えていく、築き上げていく

・女子アスリートの価値を創っていく

・女性の働き方改革と社会進出の新しいモデルケースを目指す

・FCふじざくらの選手およびスタッフのQOL(Quolity of Life)を向上していく

VISION

・日本を代表するプレイングワーカーを輩出する

・山梨県そして、スポーツ界におけるシンボルとなる

・女子アスリートが目指したいクラブとなる

・アジアを代表するクラブへ。そして世界のトップクラブを目指す

Flow Team

FCふじざくら山梨ではスポーツドクターの辻秀一先生によるメンタルトレーニングを定期的に開催しており、ここでの学びやナレッジがこのクラブの「活動コンセプト」になります。 私たちは、「Flow do it」という揺らがず・捉われずという言葉を大事に、常に自然体で仕事やサッカーと向き合うことを強く意識してます。Flowな状態でいるために、私たちはメンタルトレーニングを通して「QOL」を育んでおります。 このQOLとはライフスキルとも言い換えられます。 人生では、心の質や生活の質、競技の質など、全てにおいて「質」が存在します。 この質をマネジメントして、質を上げていくことが、より豊かな人生を過ごすための重要な要素であると考えます。 つまり、【何を×どんな心で】やるかによって、QOLの質がきまり、それが人生を豊かにするか左右します。 このQOLを意識的に高めることで、サッカーの質が上がることはもちろんのこと、仕事や普段の生活においても、人生を豊かにすることができるという考えのもと、FCふじざくらでは心の在り方を学び、Flowなクラブを目指します。

FCふじざくら SOCCER PHILOSOPHY

「観てる人も、ピッチの選手も、楽しいサッカー」

常に攻守共に主体性を持った選手が、絶えず連動し、ピッチでは選手とボールが動いている。 この連動性は、美しく流れるような動きを生み出し、パスがつながり、ゴールへと向かう。 これを実現させるのは豊富な運動量である。 運動量によって絶えず動く選手から生み出される連動性は人々を魅了し、観てる人も、選手自身もワクワクさせる。 私たちはこの連動性が高く、流れていくような動きを魅せる「美しいサッカー」と呼びます。 FCふじざくらは「美しいサッカー」を創り上げることにより最後まで勝利を目指し、走り抜き、戦い抜く、諦めない姿勢を持って、観てる人も、そして選手も楽しいサッカーを目指します。 この考えは、トップチームではなく、アカデミー、スクール全てに共通する、FCふじざくらのサッカーです。

PHILOSOPHY-1PHILOSOPHY-2PHILOSOPHY-3

Club History

2019年シーズン

【戦績】

・山梨県女子サッカー2部リーグ 優勝

・皇后杯山梨県大会 準優勝

・なでしこチャレンジリーグ入替戦予選大会 全体2位通過(⇒入替戦出場決定)/なでしこチャレンジリーグ入替戦 敗退(0-1、0-3で新潟医療福祉大に敗戦)

 

【トピック】

・初年度はセレクションを通して、工藤麻未・引田ちひろ・高山紗希・桑田美代子・清水碧・清水千陽・中塚理加・杉村美星・金井奈苗・北条あゆみが入団(オリジナル10)。 その後、菊池香那、田中里穂、石川くらら、minoが入団し、14名で1シーズンを戦い抜く。

※菊池香那がシーズン終了後に学業およびフットサルを専念するために退団。

・公式戦開幕は怪我人の影響もあり、9人で戦う。

・チャレンジリーグ入替戦のホーム戦では来場客数651名を記録。山梨県女子サッカー2部リーグ(7部リーグ相当)のカテゴリーに所属するクラブとしては、異例な数字と多方面より評価を頂く。

 

2020年シーズンについて

【戦績】

・山梨県女子サッカー1部リーグ 準優勝

・皇后杯山梨県大会 準優勝

※ 新型コロナウィルスの影響もあり、リーグ戦公式戦が5試合のみとなり、皇后杯山梨大会も4チームの総当たり戦に

 

【トピック】

・2シーズン目は、風間優華・南條里緒・辻野友実子・松原ゆき・戎谷亜美・鈴木和遥の新入団選手が仲間入り、総勢19名でシーズンをスタート。

・2020年シーズンはコロナウィルス感染拡大の影響を受け集客が難しい中で、第4節山梨学院大学戦では1試合最多来場客数542名を記録。

・オフザピッチにおけるアクティベーションを多く展開し、農業やパートナー企業様とのコラボ企画や会社見学、サッカー大会の開催、ホームタウンの子供たちやママさんたちとのイベントなど、地域に根差した活動を多数展開。

・引田ちひろが結婚および妊娠を報告。選手としてはチーム活動から一時離れる。

・シーズン終了後、清水碧と石川くららが引退、桑田美代子と北条あゆみが退団・移籍。

 

2021年シーズンについて

【戦績】

・山梨県女子サッカー1部リーグ 優勝

・皇后杯山梨県大会 優勝

・皇后杯関東大会 準優勝

・皇后杯本選出場 1回戦敗退

 

【トピック】

・3年目は、松岡 沙由理、広沢 実佳子、井原美波が入団し、総勢17名でシーズンをスタート。

・山梨県リーグ1部(6部相当)優勝、皇后杯山梨県大会で初優勝、皇后杯関東大会準優勝、皇后杯全国大会初出場など、 クラブ史上初のタイトルを獲得。

・9月には選手17名で1か月間に公式戦7試合を経験。

・FCふじざくら山梨JEアカデミーを立ち上げ、鳴沢校と甲府校が本格的に稼働。

・シーズン終了後、1期生の杉村美星と中塚理加が引退、南條里緒と風間優華、minoが移籍。

HISTORY2021HISTORY2021

COMPANY

クラブ名 FCふじざくら山梨
クラブ運営 一般社団法人ふじざくらスポーツクラブ
事業内容 サッカークラブ運営事業 スポーツ教室運営事業 スクール運営事業
理事会

代表理事 志村 和也

理事 平井 正美 小谷田 融 梶原 信行 金子 智弘 伊藤 明久

スタッフ

理事代行 金子智弘クラブ統括部長

GM 五十嵐 雅彦

スポーツダイレクター 田口 友久

設立年月日 2018年11月20日
ホームタウン 山梨県南都留郡鳴沢村
クラブ名の由来 山梨県の県花であるふじざくらをクラブ名として命名。
所属リーグ 関東女子サッカー2部リーグ(2022年シーズン)
お問い合わせ TEL: 0555-28-7355 Email: info@fujizakura-sc.jp

FCふじざくら山梨企業理念

「FCふじざくら山梨に関わる人たちの人生をより豊かにする」

FCふじざくらに携わる人たち全てにとって、ここで得る経験は、人生をより良くし、そして豊かにすることにつなげていく。 人に「豊かさ」を与えられる日本一のクラブを目指します。

HOME GROUND

FUJI VILLAGE

住所: 〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村鳴沢8532−5

FUJI VILLAGEのHPはこちら http://www.fujivillage.jp/